ウィリアム・シェイクスピアの生涯

ウィリアム・シェイクスピアは1564年に、商人かつ市会議員の父がいる裕福な家庭に生まれました。実は当時は出生証明書というものが無かったため、正式な出産日などは分かっておらず、便宜的に命日となる4月23日を誕生日としています。生まれた頃には裕福な家庭ではあったものの、父が闇市場に関わったことから市長の座を失うことで家庭は憂き目に遭うことになります。しかし、シェイクスピアは無事に学校を卒業し、1582年の18歳の頃には7歳年上のアン・ハサウェイという女性と結婚、既に身ごもっていたため長女が生まれると、後に男女の双子も授かります。結婚の記録は残っているものの、ロンドンの演劇界に姿を現すまでの期間はあまり記録に残っていません。ロンドンでは俳優をやりながら脚本を書いていたとされ、1594年頃には劇団の共同所有者にもなっており、異様な早さで富と名声を得るようになっています。ここから1613年に引退して故郷のストラトフォードへ戻るまでに、代表作となる様々な脚本が生まれます。1616年にシェイクスピアは腐りきったニシンから伝染した感染症で死亡ということになっていますが、未だに詳細は不明となっています。