披露宴は劇場そのもの

ウィリアム・シェイクスピアの生涯

ウィリアム・シェイクスピアは1564年に、商人かつ市会議員の父がいる裕福な家庭に生まれました。
実は当時は出生証明書というものが無かったため、正式な出産日などは分かっておらず、便宜的に命日となる4月23日を誕生日としています。

 

生まれた頃には裕福な家庭ではあったものの、父が闇市場に関わったことから市長の座を失うことで家庭は憂き目に遭うことになります。
しかし、シェイクスピアは無事に学校を卒業し、1582年の18歳の頃には7歳年上のアン・ハサウェイという女性と結婚、
既に身ごもっていたため長女が生まれると、後に男女の双子も授かります。

 

結婚の記録は残っているものの、ロンドンの演劇界に姿を現すまでの期間はあまり記録に残っていません。

 

ロンドンでは俳優をやりながら脚本を書いていたとされ、1594年頃には劇団の共同所有者にもなっており、
異様な早さで富と名声を得るようになっています。

 

ここから1613年に引退して故郷のストラトフォードへ戻るまでに、代表作となる様々な脚本が生まれます。
1616年にシェイクスピアは腐りきったニシンから伝染した感染症で死亡ということになっていますが、未だに詳細は不明となっています。

披露宴は現代のシェイクスピアで演劇なのでストーリーのある内容に

披露宴の演出で悩む新郎新婦が多いと思います。
お二人のアイデアを生かした演出で、ゲストの皆様の思い出に残る披露宴にするにはどうしたらよいでしょうか。
お勧めなのは、お二人の個性を盛り込むアイデアです。

 

例えば、お二人共通の趣味や、お仕事でのスキルなどです。それがそのままお二人の個性ですので、ゲストの方の印象に残るのではないでしょうか。
難しく考える必要はありません。お酒がお好きなお二人なら、洋風の披露宴であえて鏡開きをする、というのも面白いですね。
個性を生かしたアイデアで、ほかの新郎新婦ではできない、素敵な披露宴の演出をしてはいかがでしょうか。

 

ゲスト参加型の演出をしたいと思う方も多いです。ゲストに披露宴に参加してもらうことで、
より楽しんでほしいという思いが感じられます。ゲスト参加型の演出のアイデアは、失礼にならないか、
本当に楽しんでもらえるか、など悩んでしまいがちですが、成功の秘訣は、ずばりシンプルであること、そして全員参加型であることです。
様々なアイデアがあると思いますが、すべてのゲストに楽しんでもらえるには、シンプルが一番です。
披露宴会場は、大勢のゲストでざわつきがちです。司会者の説明が聞き取れなくても、何となく演出の趣旨がゲストに伝わり、楽しめるような演出が喜ばれます。
ゲストの年齢層や趣向も事前に確認しておくとよいでしょう。二人が一生懸命考えた披露宴のアイデアで、ゲストにおもてなしの心が伝わります。